神風特別攻撃隊の出撃地・台湾の宜蘭で当時の建物を巡る【体験記】

台湾・宜蘭(イーラン)神風特攻隊の出撃地を歩く【体験記】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

台湾に神風特別攻撃隊の出撃地があるって聞いたけど。どこにあるの?当時の建物は今も残ってるの?

こんな疑問に答えています。

第二次世界大戦中、台湾には神風特別攻撃隊の出撃地が宜蘭、桃園、新竹にあり、日本人だけでなく、台湾人で編成された特攻隊もありました。

そんな出撃地の一つであったで宜蘭には、当時の建物や資料館があるので今回は訪れてきました。

台湾に4年住み、数多くの日本統治時代の建物を訪れた僕でも、神風特別攻撃隊の出撃地・宜蘭をじっくり巡ったのは初めてなので、新たな発見も多かったです。

目次

神風特別攻撃隊の出撃地・台湾の宜蘭で当時の建物を巡る【体験記】

宜蘭県ってどこにあるの?

宜蘭

宜蘭県は台湾の北東部にあります。

温泉、夜市、サイダーが有名で、台北市からバスで1時間弱で行けるので観光客にも人気のエリアです。

» 宜蘭駅から歩いて行ける観光スポット【10選】

台北駅から宜蘭駅へのアクセス

宜蘭駅

1.鉄道

所要時間チケット
普悠瑪/太魯閣号60分〜80分218元
自強号80分〜2時間218元
区間快車95〜105分140元
区間車2時間〜2時間半140元
莒光号1小時40分〜2小時20分118元

2.バス

所要時間乗車番号所要時間チケット
台北駅-宜蘭1915/191695分〜95140元

台北駅から高速バスで行く場合、宜蘭県の礁溪郷、宜蘭、羅東鎮の3つのエリアへ行くことが可能です。

神風特攻隊の出撃地へは、台北駅からバス(葛瑪蘭汽車客運)に乗り「宜蘭」で下車します。

神風特別攻撃隊の出撃地を巡る

1.神風特別攻撃隊の出撃地 南機場八角塔台

南機場八角塔台

南機場八角塔台」は当時、神風特別攻撃隊の飛行場(宜蘭第一飛行基地)があった場所です。

飛行場の滑走路は現在、道路になっていますが「南機場八角塔台(戦闘指揮所)」は今も残されており、太平洋戦争時には、戦闘情報の中枢機関として使用されていました。

南機場八角塔台

南機場八角塔台の内部に入ることはできませんが、今でも入り口の近くまでは行けて、当時の雰囲気を感じ取ることはできます。

建物の上層部と下層部に分かれており、上層部は観測塔で、下層部は八角形の形になっており、入り口付近にはトイレがあります。

南機場八角塔台の周りは公園になっており、台湾人の観光客もちらほら見受けられました。

周りは広々とした静かで穏やかな場所で、このような場所から神風特別攻撃隊が飛び立っていたと思うと、色々考えさせられます。

南機場八角塔台の説明
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる