台湾の平均気温は?【どんな服装をすればいいのか】

台湾の平均気温は?【どんな服装をすればいいのか】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

台湾の平均気温は?どんな服装で行けばいいの?

こんな疑問にお答えします。

僕は台湾に4年住み、毎年、現地の気候を体感してきました。

そんな僕だからそこ感じた、台湾の気温とどんな服装をすべきかまとめています。

この記事の内容
  • 台北と沖縄の平均気温はほぼ同じ
  • どんな服装で行けばいいのか
  • 5月から6月は梅雨
目次

台湾の平均気温は?【どんな服装をすればいいのか】

台湾の平均気温

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
台北16.617.219.022.525.828.330.129.727.824.722.018.2
新北15.415.717.721.424.727.329.028.726.923.621.017.3
台中17.017.720.123.526.428.128.928.427.825.522.618.7
台南17.818.921.624.927.528.929.428.928.626.323.419.6
高雄19.720.723.025.727.828.929.428.928.526.924.521.2

上記以外の地域の平均気温は交通部中央気象局をご覧ください。

台北と沖縄の平均気温(年)は23度なので、一年を通じてかなり暖かいことが分かります。

どんな服装をすればいいのか

春(3〜5月)

春服

長袖シャツやロンTを着ていれば丁度いいです。

3下旬〜5月になると半袖を着ている人も見かけるので、暑がりの人は半袖でも大丈夫。

暖かくて旅行にはぴったりの季節です。

夏(6〜10月上旬)

夏服を着る家族

半袖半ズボンでも暑いくらいです。

街中を歩いただけでも汗だくになるので、制汗スプレーや汗拭きシートも必須です。

紫外線が強い日も続くので、帽子やサングラス、日傘があれば助かります。

リュックを背負うと背中がビショビショになるから気をつけてね!!

夏の暑い時期は飲食店やデパートなどの室内、公共機関はクーラーがガンガン効いているので、気温差が苦手な方は薄手のパーカーやカーディガンがあるといいかも。

秋(10月中旬〜11月)

長袖シャツやカーディガンを一枚羽織ればちょうどいいくらいです。

日によっては気温が30度近くになることもあります。

もし旅行で歩き回るのであれば、とても暑く感じることもあります。

冬(12〜2月)

冬服を着る男女

コートを一枚持って行くと安心です。

普段はジャケットや薄手のコートがあれば大丈夫ですが、台北では年に数回、最高気温が10度弱になる日があります。

そのためコートを持っていれば安心して台湾旅行を楽しめます。

高雄であればジャケットやパーカーなどで十分です。

高雄や台南であれば薄手のコートで十分です!

気候の特徴

梅雨

雨

5月から6月が梅雨です。

この季節に訪れるとほぼ毎日雨が降っています。

靴に靴下を履くとすぐに濡れてしますので、サンダルを履いておけば雨に濡れても、気にならず台湾旅行が楽しめます。

また折り畳み傘やカッパを常備しておけば、急な雨にも対応できます。

湿度

台湾の平均湿度は70%以上あります。

人間にとって最もちょうど良い湿度が40〜60%と言われています。

湿度が高すぎると、蒸し暑くなるだけでなく、カビやダニが発生しやすくなります。

そのため除湿器を使ったり、適度に窓を開けて換気を行いましょう。

部屋で服などを乾かすと生乾きになるので、乾燥機を使うことをオススメします。

雪

市街地で雪が降ることはありません。

南投、高雄にある台湾最高峰の山「玉山(標高3,952m)」では毎年のように雪が降りますが、台北、台中、高雄といった都市部で雪が降ることはありません。

2016年に中央気象庁が観測を開始して以来初めて、台湾市内で「あられ」を確認したくらいなので、もし平地で雪が見れたのであればとてもレアなことです。

台湾の飛行場で積雪のため、飛行機が遅れることもないので安心してください。

» 台湾は雪降るの?【平均気温、服装、スキー場】

花粉症

花粉症の症状が出ることはほぼありません。

台湾にはスギの木がほとんど無いので、日本で花粉症の症状がひどくても、台湾に来ると症状が収まる人がほとんどです。

「鼻水やくしゃみがひどく、楽しく観光できるかなぁ」と悩んでいる方はご安心ください。

最後に

今回は台湾の平均気温についてまとめました。

台湾は南国なので、一年を通じて暖かいのですが、真夏になると日本では感じることない気温と湿度です。

また急な有名観光地「九份」は降水量が多かったり、市街地でも急なスコールが発生するので、折り畳み傘やカッパを常に常備していると安心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる