台湾旅行に行くならこの「クレジットカード」だけ持っておけ!!

taiwam-crejit.jpg

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

今度、台湾旅行に行くけどどのクレジットカードが便利なの?

こんな疑問にお答えします。

筆者の経歴
  • 初めての海外旅行は台湾
  • 脱サラした後、台湾に4年住む
  • 現地の語学学校に通いながら、マッサージ店に勤務

僕は台湾の語学学校で日本人学生をサポートする仕事をしていたので、海外旅行保険に関する情報などよく耳にしていました。

そんな経験から台湾旅行で持っておけばトクする「クレジットカード」をまとめました。

目次

台湾旅行に行くならこの「クレジットカード」だけ持っておけ!!

エポスカード

エポスカード
年会費が無料なのに「海外旅行傷害保険」が自動でついてくる最強カード

楽天カード

楽天カード

海外旅行傷害保険が利用付帯で、台湾でのキャッシングも可能。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

海外旅行傷害保険だけでなく、国内旅行傷害保険も付いている。さらには桃園国際空港のラウンジも利用可能。

台湾のクレジットカード事情

1.台湾はクレジットカードが使えるの?

台湾では国際ブランドであるVISA、JCB、Mastercardのカードを持っていればほぼ問題なく使用できます!!

使える場所

台湾新幹線

ホテル、鉄道、ショッピングセンター、有名観光施設、レストランであれば問題なくクレジットカードが利用できます。

また台北、台中、高雄といった都市部でも利用できる店が多いです。

クレジットカードを利用できる場所は、お店のドアなどにシールが貼ってあり、カード利用の可否についてお知らせしてくれている場所も多いです。

使えない場所

夜市
こんな場所では使えません

・夜市
・タクシー
・食堂
・市場
・バス
・ローカルスポット

夜市では使えるお店は見たことがないので、訪れるときは必ず現金を持参しましょう。

またタクシーも利用できないのがほとんどです。

たまにクレジットカードの可能のシールが貼ってあっても、利用しようとした途端に拒否されることがあるので、乗車前に利用できるか確認しときましょう。

2.台湾でクレジットカードを持つ危険性

台湾でクレジットカードを持つ危険性

僕は留学中、ショッピングモールや高めのレストランに行くときはカードを利用していました。

今まで不正な請求を受けたりしたことはありませんし、データを盗み取られたような形跡もありません。

ただ台湾では日本人旅行者の荷物を狙った窃盗がよくあるので、地下鉄、夜市、観光地、エスカレーターといった場所は十分に注意しましょう。

またカード決済をした際はレシートを受け取り、購入金額とレシートに記載された金額が一致しているを確認しましょう。

3.キャッシングできる場所

コンビニ

銀行やコンビニのATMを利用すればキャッシング可能です。

台湾のコンビニ密度は世界でもトップクラスなので、24時間困らずキャッシングできるのは助かります!

実は日本円を台湾ドルに両替するなら、日本で両替するより台湾でキャッシングした方がお得ですよ!!

オススメのクレジットカード3選

1.エポスカード

エポスカード


入会金・年会費が無料で海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードは【エポスカード】だけ!!

しかも最短即日発行で、簡単5分で申し込み可能です。

圧倒的オススメのクレジットカード
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 台湾のご優待がある(台北101の入場料が10%オフなど)

エポスカード

1.入会金永年無料
2.年会費永年無料
3.国際ブランドVISA
4.申込資格満18歳以上で日本在住(高校生を除く)
5.発行最短即日
6.海外旅行保険自動付帯

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なんてコスパ最強すぎ!!

そして満18歳以上なら申込可能で、即日発行だなんて急な海外出張や旅行にも助かります。

さらに海外キャッシン手数料もめちゃくちゃお得なのも魅力。

もし5万円を日本の空港で両替すると手数料が7,150円かかるけど、海外ATMで現地通貨キャッシングならたったの959円(海外ATM手数料220円+利息739円)。※30日後がお支払いの日の場合

海外旅行傷害保険
  • 傷害死亡・後遺障害 ⇨ 最高500万円
  • 傷害治療費用 ⇨ 200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用 ⇨ 270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし)⇨ 2000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用 ⇨ 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円)⇨ 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。

さらにもし海外旅行中に不慮のケガや事故、病気に見舞われた時は、24時間いつでで日本語で対応してくれます!!

緊急医療アシスタンスサービスの内容
・ケガや病気の場合の緊急アシスタンス・医師、医療施設の紹介、案内
・医療費キャッシュレスサービス
・患者の医療施設への移送
・患者の本国への送還
・ケガや病気により亡くなられた場合の緊急アシスタンス・ご遺体の本国への移送
・現地での埋葬
・その他のアシスタンス・救援者の渡航、宿泊手配
・遭難された場合の捜索・救助など

海外に行ったとき無保険で、海外旅行付帯のクレジットカードを持っていなかったら、とんでもないお金がかかったって聞いたことがあるからエポスカードのような存在は非常に助かります。

ご優待情報

エポスカードを持っていれば有名観光地、飲食店、マッサージ店などで優待を受けることができます!!

優待利用方法は簡単で、有定点でエポトクサイトの該当店舗部分とエポスカードを提示し、エポスカードVisaで支払いするだけ。

優待情報
  • 台北101 ⇨ 入場券10%OFF(カード一枚つき、入場券2枚まで)
  • 點水樓 ⇨ 7色小龍包(7個/一皿)をご注文で小龍包(プレーン)を一皿サービス
  • 新東陽 ⇨ ご利用代金の5%OFF(新東陽のロゴ入り商品に限る)
  • 誠品書店 ⇨ 1,000台湾元以上の場合5%OFF / 3,000台湾元以上の場合10%OFF
  • 金楽足體養生會館 ⇨ メニューから10%OFFまたは肩のマッサージ10分間

そのほかのご優待情報はこちらから。

2.楽天カード

楽天カード

年会費無料で、カードを作れば楽天ポイントが手に入るなんてコスパ良すぎ!!

しかも国際ブランド(VISA、JCB、Mastercard、American Express)の種類が多いのも魅力的。

ポイントが貰えて海外旅行保険も付帯あり
  • 入会金・年会費永年無料
  • カードを作れば楽天ポイントがもらえる
  • 海外旅行保険は利用付帯
1.入会金永年無料
2.年会費永年無料
3.国際ブランドVISA、JCB、Mastercard、American Express
4.申込資格満18歳以上(高校生を除く)
5.発行通常約1週間~10日前
6.海外旅行保険利用付帯

僕が台湾留学中に肌身離さず持っていたのが楽天カード。

学生でも申し込みが可能で、急なキャッシングや旅行時のホテル予約などめちゃくちゃ重宝していました。

楽天カードを海外で利用するときの注意点

楽天カードに関する補償内容

傷害死亡・後遺障害 ⇨ 2,000万円
傷害治療費用 ⇨ 200万円
疾病治療費用 ⇨ 200万円
救援者費用 ⇨ 200万円
賠償責任(自己負担額なし) ⇨ 3,000万円

楽天カードは海外旅行保険が利用付帯なので、上記の補償内容を適用するには保険が有効となる条件を満たす必要があります。

保険が有効となる条件
日本を出国する以前に 「募集型企画旅行の料金」に該当する代金を楽天カードで支払っていることが条件になります。

募集型企画旅行の料金とは、旅行代理店で予約した海外パックツアー料金、渡航先への航空券、目的地までの乗継便の航空券です。

つまり台湾に行くまでの航空券を楽天カードで支払いしておけば、もし事故などに巻き込まれた際は保険が適用されてると言うことです。

詳しくは海外旅行傷害保険をご覧ください。

こんな人にオススメ

1.楽天市場で買い物をする
楽天ポイントが貯まってお得に

2.楽天トラベルでホテルなどを予約する
楽天カードで決済するとポイントが2倍に(台湾のホテルも予約可能)

3.学生から社会人まで幅広い世代の方

3.楽天プレミアムカード

楽天プレミアム

年会費11,000円で安心の海外旅行保険が付帯で、台湾(桃園国際空港)の空港ラウンジも満喫したいって方にオススメです。

さらに楽天プレミアムカードを使って、楽天市場でお買い物をすると 楽天カード特典分がさらに+2倍!!

楽天のヘビーユーザーなら持つべきクレジットカードです。

桃園国際空港のラウンジが利用可能
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • カードを作れば楽天ポイントがもらえる
  • 桃園国際空港のラウンジが利用できる(プライオリティ・パス会員カードの発行が必要)
1.入会金永年無料
2.年会費11,000円
3.国際ブランドVISA、JCB、Mastercard、American Express
4.申込資格20歳未満、学生、海外在住の方はカードをお申し込みいただけません
5.発行通常約1週間
6.海外旅行保険自動付帯

充実の保険内容で安心して旅行が楽しめる

楽天プレミアムに入会すれば、海外で事件や事故に巻き込まれた場合でも年中無休、24時間、無料で対応してくれるから安心です。

海外旅行傷害保険の補償内容と保険金額

傷害死亡・後遺障害 ⇨ 合計:最高 5,000 万円(自動付帯:4,000 万円 利用条件:1,000 万円)
傷害治療費用 ⇨ 300万円
疾病治療費用 ⇨ 300万円
救援者費用 ⇨ 200万円
携行品損害 ⇨ 合計:50 万円(自動付帯:30 万円 利用条件:20 万円)
賠償責任(自己負担額なし) ⇨ 3,000万円

実は国内旅行傷害保険も自動付帯だよ!!

国内旅行傷害保険

日本国内において、公共交通乗用具(※1)に乗客としてご搭乗している間の事故、被保険者が宿泊施設で宿泊中の火災または破裂・爆発による事故、被保険者が宿泊を伴う(ツアーバス等での車中泊は除きます。)募集型企画旅行に旅行者として参加している間の事故によって被った傷害に限り補償されます。

台湾・桃園国際空港の空港ラウンジも利用可能

楽天プレミアムカードと当日の航空券を提示すれば、楽天プレミアムカード会員は国内空港ラウンジ(指定あり)を無料でご利用いただけます。

またプライオリティ・パス会員カードの発行を無料で申し込めば、世界148カ国600以上の都市や地域で、1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できます。

もちろん台湾・桃園国際空港の空港ラウンジも利用可能です!!

ゆっくりと心の底から安心して、空港ラウンジ一息つくような台湾旅行がしたい方には、楽天プレミアムカードはオススメの一枚です。

最後に

今回は台湾旅行で持っておけば便利なクレジットカードをまとめました。

もしあなたがどのクレジットカードにしようか迷っているなら、まずは年会費無料で、海外旅行保険が自動付帯のエポスカードがオススメです。

自動付帯なら航空券をエポスカードで購入する必要もないし、海外キャッシングができて、いざという時には24時間日本語で対応してくれる。

台湾では毎年のように日本人が亡くなる事故が発生しているので、旅行に行くならまずはエポスカードは持っておきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国。月間11万回読まれるブログ『てくてく台湾』運営中。

コメント

コメントする

目次