台湾のプロバスケP.LEAGUE+とは【最新2022】

台湾のプロバスケP.LEAGUE+とは【最新2021】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

台湾にプロバスケットリーグはあるの?試合観戦に行きたい!どんなチームがあるの?

こんな疑問にお答えします。

台湾には2020年に発足したプロバスケットリーグ「P.LEAGUE+」があります。

2021年からは6チームがリーグ戦に参加し、台湾のバスケットは日に日に進化を遂げています。

そんなP.LEAGUE+に行ってきたので記事にまとめています。

この記事の内容
  • P.LEAGUE+について知りたい
  • 台湾のプロバスケットを見に行きたい
  • 動画配信を見たい
目次

台湾プロバスケP.LEAGUE+とは

台湾プロバスケP.LEAGUE+は、2020年9月に「台湾のプロバスケットリーグをもう一度つくるんだ!!」という思いから、台湾の芸能人・陳建州が中心となり発足されました。

2000年まで中華職業籃球聯盟(台湾バスケットボールリーグ)がありました、その後は超級籃球聯賽という準プロバスケットボールリーグが、台湾のバスケを牽引してきました。

ただ「もう一度台湾のバスケを盛り上げたい」と言うことで「P.LEAGUE+」が発足し、2020年からは4チームが参加、2021年からは6チーム体制となり、さらなる盛り上がりをみせています

「P.LEAGUE+」のPの文字にはPeople、Player、Passion、Professionalの意味です。

スケジュール

レギュラーシーズン

2021-22シーズンから、各クラブとも30試合のレギュラーシーズンを戦う、各対戦カードは6試合ずつ、ホーム・アウェイともに3試合ずつ。

wikipedia

プレーオフ

2021-22シーズンから、レギュラーシーズン1位と4位、2位と3位が対戦、5戦3勝制が行う、各対戦の勝者はファイナルに7戦4勝、優勝を争う。

wikipedia

選手登録

登録できる選手は1クラブにつき最大16人、プラス外国籍選手3人です。

台湾バスケットボール P.LEAGUE+(PLG)のクラブ

臺北富邦勇士 Fubon Braves

2014年9月に発足して、P.LEAGUE+とASEANバスケットボールリーグに所属しています。

2020年から始まったレギュラーシーズンでは、臺北富邦勇士 Fubon Bravesが、19勝5敗と圧倒的な結果を残し、見事を優勝しました。

ホームアリーナ 台北和平籃球館

ホームアリーナの臺北和平籃球館
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる