新北市にある空軍三重一村を紹介

新北市にある空軍三重一村を紹介

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

空軍三重一村ってどんな場所?アクセス方法は?

こんな疑問にお答えします。

新北市三重区にある「空軍三重一村」は、台湾が日本に統治されていた第二次世界大戦中につくられ、戦後になっても台湾によって使用されていました。

そして今でも当時使われていた地下通路や建物が保存され、最近では三重の観光地として多くの観光客で賑わっています。

空軍三重一村

そんなガイドブックにはほぼ載らない「空軍三重一村」を、台湾に4年住んだ僕が訪れてきました。

台湾で新たな観光地を探している方や、日本統治時代の様子が気になる方は参考にどうぞ。

目次

新北市にある空軍三重一村を紹介

空軍三重一村の内部

空軍三重一村とは?

空軍三重一村は新北市三重区という場所にあり、第二次世界大戦中は日本軍によって「高射砲陣地(来襲する爆撃機から地上守る場所)」がつくられました。

当時、火薬を運ぶための地下通路がつくられ、今でも保存され見学可能ができます。

終戦後は「眷村(けんそん)」という、台湾に移り住んできた外省人が居住する地区として使用され、当時の住居やオフィスは現在でも残されています。

空軍三重一村

しかし1996年ごろから眷村の衛生問題、建物の老朽化など、政府の政策で眷村の建て替えや、眷村エリアの移転など進み、台湾中の眷村が減少していきます。

「空軍三重一村」は住民から建物を残して欲しいという意見が上がり、多くの眷村が立て替えられる中「台北県古蹟及歷史建築審查委員会」の決議で、保存されることが決定しました。

2014年に新北市が空軍三重一村にある51の建物を修繕し、観光客向けの施設にすることを発表。

台湾特有の眷村文化の保存と継承、新北市三重地区の伝統工芸、芸術、文化の発展の地として、2018年11月に開園し、多くの観光客が訪れる場所になりました。

今では若い人たちも多く訪れ、写真映えするスポットとしても有名です。

空軍三重一村を散策

空軍三重一村

入場料は無料

空軍三重一村は建物を外からみて楽しむだけでなく、建物内部でも常設展や企画展が行われています。

昔、建物に住んでいた住人も階級ごとに住む家が分かれており、各家の特色があってとても面白いです。

日本軍が使用していた、火砲の跡地は今でも残されています。

中国語がわかる方は無料のガイドツアーも開催しており、ボランティアの方が親切に案内してくれます。

無料の中国語ガイド

毎週土曜、日曜:10時30分、14時30分(参加者は10分前に遊客中心に集合)

地下通路

1番の見どころ地下通路です。

第二次世界大戦時に日本軍が使用していた地下通路で、火薬を運ぶのに使用されていました。

地下通路は自由に見学できないため、必ずガイドさんの案内が必要です。

ヘルメットを被って地下の通路を歩くと、少し緊張しますが貴重な経験ができました。

地下通路ガイド時間
  • 平日:11時00分、15時00分
  • 休日:11時00分、14時00分、15時00分、16時00分

(雨の日など行われない可能性があります)

巨大ギター

企画展では空軍三重一村の歴史以外も学ぶことができ、台湾の芸術や音楽、文化など、季節に応じてさまざまな催し物が行われています。

街並み

空軍三重一村が眷村と呼ばれていた頃の住居の壁には、どこか懐かしい絵が描かれていたり、レトロな雰囲気を味わえます。

園内には木々があり、近くには淡水河があるので、淡水河から吹き込む風に木々が揺れる音がして、それもまた風情を感じます。

建物内部

当時の建物の中には幼児体験室といって、子供たちの背丈に合わせて作られたキッチンが置かれています。

外省人(四川、湖南、湖北など)の人たちが、台湾に持ち込んだ食文化を、子供たちがおままごとしながら学ぶことができます。

看板

空軍三重一村は決して広い場所ではないので、30分ほどあれば一通り見て回れます。

ゆっくり見て回っても1時間あれば十分です。

雨天の日は屋根がなく不便を感じるので、晴れの日に訪れることをオススメします。

» 台湾にある三重ってどんな場所?4年住んだ僕が解説

あわせて読みたい
台湾にある三重ってどんな場所?4年住んだ僕が解説 こんにちは。てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。 台湾にある三重ってどんな場所?治安、物価、利便性について教えて! こんな疑問に答えます。 この投稿をI...

空軍三重一村へのアクセスと営業時間

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる