台湾の野球メーカー【5社】グローブ写真付きで紹介

台湾の野球用品メーカー【5社】をまとめてみた

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

台湾製の野球用品ってどんな感じ?グローブやロゴを見てみたい!!

こんな疑問にお答えします。

僕は小学校から高校まで野球をし、大学卒業後に日本企業に就職したのち台湾に4年住み留学しました。

台湾在住時は台湾プロ野球にも足を運び、選手が使用する用品にも注目しつつ観戦し、時には現地の野球ショップに足を運び、日本では見かけないグローブやバットを見ては興奮していました。

そんな僕だからこそ知る台湾野球メーカーを紹介します。

この記事の内容
  • 「ハタケヤマ」と技術提携を行う「TWIN TOWER」
  • 日本進出を果たした「JET POWER」と「Sport Age」
  • コスパ最強「YEMO」


目次

台湾の野球メーカーをまとめてみた

台湾プロ野球を見ていると、日本の野球メーカー(ミズノ、ゼット、SSK)をよく目にします。

ですが最近では台湾メーカも徐々に増え、カッコイイデザインもたくさんあるので、今回は僕が台湾留学中に気になった野球メーカー5社を紹介します。

台湾の野球メーカー
  1. TWIN TOWER
  2. WOODZ
  3. JET POWER
  4. Sport Age
  5. YEMO

日本で購入できるメーカーもあるので、気になる方は参考にしてください。

TWIN TOWER

TWIN TOWER
出典【TWIN TOWER】

1990年に台南で設立された歴史ある野球メーカーで

台湾プロ野球が発足した翌年に「TWIN TOWER」の工場が設立されました。

当時は野球に対する盛り上がりが増していたにもかかわらず、選手たちが使っている野球用品は全て日本のメーカーで、台湾メーカーの用具は全くなかったそう。

TWIN TOWERの創設者が日本のグローブ職人に教えを乞い創業しました。

日本の野球メーカー「ハタケヤマ」とも技術提携を行っています。

TWIN TOWERの投手用グローブ
出典【TWIN TOWER】

硬式投手用グローブで2,700元(約9,720円)。

TWIN TOWERのキャッチャーミット
出典【TWIN TOWER】

硬式キャッチャーミットは3,750元(約13,500円)なのでコスパ良いですよね。

日本の技術を直接学んだ職人さんが作ったグローブをこんなに安く買えるなんて、台湾の野球用品恐るべしです。

TWIN TOWERを購入する場合は、台湾の台南本社に行くか、台湾の野球用品店で購入可能です。

台湾でネット販売(蝦皮台湾YAHOO!)も行っています。

» 蝦皮購物(Shopee)の使い方【簡単】日本からの購入方法も

名称TWIN TOWER
住所台南市北区公園北路126号
Facebook雙塔運動用品有限公司

WOODZ

WOODZ
出典【WOODZ】

オーダーグラブ限定の専門メーカー

WOODZは2007年に創設されたグローブ専門メーカーです。

既製品の販売は行わず「高品質のグローブを提供すること」を掲げ、オーダーグラブ(野球用・ソフトボール用)のみの販売を行っています。

最近では日本プロ野球でもプレー経験のある李振昌投手(現・中信兄弟)もWOODZのグローブを使用したり、台湾アマチュア野球界でも人気のグローブです。

WOODZの料金表
出典【WOODZ】

オーダーグローブと聞くと値段が気になりますが、お手頃価格でオーダーできるのがWOODZの特徴です。

WOODZのオーダーグローブ料金表 ※一塁用、捕手用はプラス500元(1,800円)
・アメリカ厳選牛革6,000元(約21,600円)
・アメリカ高級小牛革8,000元(約28,800円)
・日本硬式牛革10,000元(約36,000円)
・日本頂級小牛革12,500元(約45,000円)

1番高い料金でも12,500元(約45,000円)でオーダーできます。

WOODZは店舗を構えていないので、Facebook上でお申し込みするかWOODZが指定する台湾の野球用品店に行けばオーダーできます。

名称WOODZ
FacebookWOODZ

JET POWER

JET POWER
出典【JET POWER】

台湾のプロ野球選手も多数愛用する「JET POWER」

台湾のグローブは当て補りしやすいものが多く、「JET POWER」のグローブもそれに伴い開いたような形をしています。

グローブは軽めに設計されており、皮は比較的薄めです。

最近では日本のYouTubeでも取り上げられたメーカーで、野球マニアなら知っている人もいるはず。

日本進出も果たしており大阪にあるスポーツ用品店「スポタカ」ではグローブの販売が行われ、約30,000円〜購入可能です。

Facebook、インスタ、Twitterでは日本語の問い合わせを行っており、気になる方は直接お問い合わせしてください。

日本ではグローブの販売しか行われていませんが、台湾ではバッドやレッグガードなども購入可能です。

名称JET POWER
FacebookFacebookインスタTwitter

Sport Age

Sport Age
出典【Sport Age】

2013年に日本に進出し日本に総代理店もあります。

グローブ、、バット、バッティンググローブ、フットガードなど商品のラインナップが豊富です。

グローブは既製品だけでなくオーダーグラブも対応しており、日本の独立リーガーも使用しています。

Sport Ageのグローブ
出典【Sport Age】

硬式グローブ(投手用)38,500円

シンプルに「SA」と書かれたロゴ、色鮮やかな赤色の皮がめちゃくちゃかっこいいですね。

Sport Ageのオーダーグローブ
・軟式用 38,500円
・硬式用 55,000円

日本ではほぼ見かけることがないメーカーなので、他人とは違う野球用品が欲しい方はおすすめです。

オリジナルユニフォームをオーダーできたり、Amazonでも一部商品が販売されていたので、気になる方は参考にしてください。

名称Sport Age
ホームページSA BASEBALL JAPAN
SNSインスタ


YEMO

YEMOの内野手用グローブ
出典【YEMO】

コスパ最強の野球メーカー

YEMOは台湾の桃園に本社を構えるメーカー総合スポーツメーカーで、野球用品やバレーボール用品なども販売しています。

スタイリッシュのデザインでありながら値段が安いので、学生に人気の野球用品です。

YEMOの投手用グローブ
出典【YEMO】

投手用のグローブは2,380元(約8,568円)で、黒、茶、黄、赤、青の5種類のカラー。

このほかに内野手用、キャッチャーミット、ファーストミットもあります。

YEMOのバッティンググローブ
出典【YEMO】

バッティンググローブ両手は710元(2,556円)で、カラーは3色展開、サイズもS〜Lまであります。

練習用ユニフォームやバッグもあるので、YEMOを使えば一通りの野球用品が揃います。

日本で販売していないので、商品を購入するにはYEMOの本社に行くか、台湾の蝦皮というサイトで購入できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる