桃園にあるローカルすぎる三坑老街を紹介

超ローカルな三坑老街を訪問

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

三坑老街ってどんな場所なの?アクセス方法は?

こんな疑問にお答えします。

三坑老街は桃園にある超ローカルな「老街」で、周辺には山や川が流れ、田んぼなど「のどかな景色」が広がっています。

台湾人でも「三坑老街」を知っている人は台湾人僅かで、台湾人の友人に尋ねるとどこにあるかも知らないと答えるほどです。

今回はそんな「ローカルすぎる老街」を歩いてきたので記事にしました。

この記事の内容
  • 歴史は1744年から始まる
  • 超ローカルすぎる老街
  • 中壢駅からバスで行ける
目次

超ローカルな三坑老街とは

三坑老街の看板

三坑老街は桃園市龍潭区にあります。

あまり聞きなれない知名ですが、近年は三坑老街の近くに野球博物館や豪華なホテルで有名な「名人堂花園大飯店」が建ったことで龍潭区を訪れる人が増えています。

もし三坑老街を訪れるなら「名人堂花園大飯店」とセットで訪れることをオススメします。

» 台湾の野球博物館【名人堂花園大飯店】に行ってきた

三坑老街は1744年頃から客家(はっか)と呼ばれる漢民族の方達の集落として形成されました。

というのも三坑老街の近くには大漢渓という大きな川があり、当時は水運が栄えていたこともあり「老街」周辺には多くの人たちが住んでいました。

その後、桃園ダムが建設されたことで大漢渓の水位が下がり、水運も鉄道が建設されたことで「老街」も衰退の一途をたどります。

現在では三坑老街の周辺地域の環境を保護しようという試みで、三坑老街にある建物などは当時の姿のまま残されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる