台北にあるレズビアンバー・クラブのtabooへ【最新】

taboo-taipei.jpg

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

今回は台北にあるレズビアンバー・クラブのtabooに行ってきました!

tabooは台北に唯一あるレズビアンクラブで、現在はレズビアンだけでなくゲイやトランスジェンダーの方々も訪れるお店です。

以前はtabooの近くに僕の職場があったので気になっていましたが訪れる機会がなく、今回はイベントがあったので行ってみました。

目次

台北にあるレズビアンバー・クラブのtabooへ【最新】

レズビアンバー・クラブのtabooとは

tabooの照明

レズビアンバー・クラブ「taboo」は2008年に台北市中山区建国北路にできました。

「taboo」はレズビアンたちのバー・クラブですが、今ではゲイやトランスジェンダーも訪れる場所になっています。

オーナーは「taboo」がオープン当初はレズビアンクラブとしてオープンしましたが、ゲイやトランスジェンダーの人たちが来ることでお店の雰囲気が変わってしまうのでないかと心配したそうです。

ですが予想とは異なり、今ではさまざまな人たちがフラットに交流できる場所として変化していったそうです。

オーナー Quentin Tsai

オーナーのQuentin Tsaiさんは、高校生の時にレズビアンが集まるカラオケでアルバイトしていました。

当時の台湾はLGBTに対して良いイメージがなく、カラオケ店を訪れるお客さんは外で溜まったストレスをお店で発散するためにやってきました。

そのためカラオケ店は重苦しい雰囲気が漂っていたと言います。

そんな中、オーナーが30才の時に起業するチャンスが訪れます。

以前の働いていたような重苦しい場所ではなく、友達探しや遊び感覚で楽しく行けるレズビアンバーを作りたいと思い「taboo」を創業しました。

今では多くの苦労を乗り越え、海外にも「taboo」の名前が知れ渡り、香港や日本からもお客さんが訪れており、香港やマレーシアでのイベントも成功し、今後は海外進出も考えていると話されています。

tabooの営業日・営業時間・料金

営業日営業時間入場料
水曜日21:00-02:00最低消費額
350元
木曜日21:00-02:00最低消費額
350元
金曜日22:00-04:00女性 500元
男性 800元
(飲み放題)
土曜日22:00-04:00女性 500元
男性 800元
(飲み放題)
日曜日21:00-02:00最低消費額
350元

※平日は不定期で飲み放題イベントが行われています。

※水曜、木曜、日曜は追加料金なしでボックス席等が利用できます。

ボックス席(金曜、土曜)

ボックス席(金曜、土曜)料金
ボックス席(小)4人〜5人1,500元
ボックス席(大)8人〜10人3,000元
ハイテーブル席 2人〜3人700元

ボックス席の料金とは別途に入場料が必要です。

ボックス席に食べ物とお酒がついています。

注意点

  • 18歳未満の入場はできません
  • 入場時は身分証の提示が必要です(パスポート必須)
  • tabooは禁煙です

tabooへのアクセス

「taboo」の最寄り駅はMRT松江南京駅かMRT行天宮駅

どちらの駅も「taboo」まで徒歩10分程度です。

tabooの外観

「taboo」はオフィス街にあるので、夜になるとお店の一体は静かです。

「taboo」は地下あり平日はお客さんはそれほど多くないので、上記の写真を参考にすればお店を見つけられます。

週末になると入り口の外に多くの人がいるので分かりやすいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる