石碇老街で大自然を満喫する

石碇老街で大自然を満喫する

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku.taiwan)です。

石碇(シーディン)老街ってどんな場所? 観光スポットは?

こんな疑問にお答えします。

石碇老街

「石碇老街」は台北市内から1時間ほどの場所にあり、自然豊かで澄んだ空気と清らかな川が流れています。

日本人の方にはあまり知られていない老街ですが、昔ながらの建物や美味しいグルメがあるので、今回は台湾に4年住んだ僕が行ってきました。

石碇老街が気になっている方の参考になればと思います。

目次

石碇老街で大自然を満喫する

川

石碇老街とは

石碇老街は茶葉と炭鉱で発展した場所です。

今では自然豊かなスポットから、小中学生たちの野外学習の場所としても使われており、将来的にはこの自然を生かした観光産業に期待されています。

石碇には100もの廟があり、台湾の全ての省で最も廟がある行政区です。

さらに石碇老街には築100年ほどの建物があり、歴史を感じる老街でもあります。

1.烏塗溪歩道

烏塗溪歩道

烏塗溪歩道は川沿いに道が整備され、多くの方がハイキングを楽しんでいます。

川の流れる音や鳥の鳴き声など、自然豊かな環境を楽しみながら石碇の文化に触れられます。

案内板

石碇は炭鉱でも栄えた街でした。

日本の大正時代に石碇では炭鉱産業が始まり、台湾中から石碇に労働者が集まってきました。

その後は戦争の影響も受け、石碇炭鉱は大きな損害を受けたことで一時は炭鉱産業が停止したこともありました。

流れる川

しかし戦争後は炭鉱が見事に復活し、台湾のみならず、上海、香港等にも輸出を始めます。

その当時の人口は13,342人と石碇は最盛期を迎えました。

ですが炭鉱の需要が徐々に下がってきたのと、炭鉱事故が立て続けに起きたことで、石碇炭鉱は閉山となりました。

2.石碇老街

石碇老街

石碇老街にはお土産、飲食店、お茶屋、カフェなどが、営業しており台湾内から観光バスで多くの人が訪れます。

老街の規模としては決して大きくないですが、老街を歩くと川を眺められたり、昔の建築物が数多く立ち並んでいるのでどこか懐かしい気分になります。

お店

やや坂道になった場所にオシャレなお店があったり、台湾らしさのある赤提灯が吊るされたりと、少しノスタルジックな感じさえもします。

石碇老街にある赤提灯

石碇老街は道がそれほど広くありません。

メインストリートには屋根が設置されているので、雨の日も安心して石碇老街を散策できます。

3.百年石頭厝

百年石頭厝

石で作られた築100年ほどの家屋です。

第二次世界大戦前に建てられ、薬屋さんとして営業していましたが戦争が始まり防空壕としても使われました。

現在でも防空壕は当時の保存ままされています。

昔の家具や食器などもたくさん残っていて、独特の雰囲気を感じることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国。月間11万回読まれるブログ『てくてく台湾』運営中。

コメント

コメントする

目次