深坑老街のオススメのお店やアクセス方法をまとめてみた【最新】

深坑老街のおすすめのお店・行き方をまとめてみた

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

深坑老街ってどんな場所?アクセス方法は?

こんな疑問にお答えします。

「深坑老街」はバロック式の建築物が綺麗に残されており、街を歩けば昔にタイムスリップした気分になれる素敵な街並みです。

建物以外にも臭豆腐が有名で、深坑老街には豆腐を煮込む匂いが漂う場所でもあります。

今回はそんな「深坑老街」に、台湾に4年住んだ僕が訪れたので紹介します。

目次

深坑老街のオススメのお店やアクセス方法をまとめてみた【最新】

深坑老街とは

深坑老街の街並み

深坑老街は新北市深坑区にあり、台北市内からだと約1時間で行ける距離です。

深坑老街は日本統治時代の1915年に日本人がバロック式の街並みに整備し、現在まで綺麗に保存されています。

老街の長さは300mあり、レトロな街並みをゆっくり眺めながら歩けます。

グルメが有名な老街なので、街ぶらだけでなく臭豆腐、芋圓、肉十巻を味わってみてください。

深坑老街の街並み

深坑老街の街並み

両サイドには昔ながらの建築物が並び、石畳の道を歩いていると、どこか懐かしい気持ちになります。

売られている鶏肉

深坑老街の至る所に豆腐屋さんがあり、街を歩けば臭豆腐の匂いが漂ってきます。

店頭で豆腐とタレも販売していて、たくさんの人がお土産として購入していました。

徳興居

この建物は深坑老街の中でも重要な建築物で「徳興居」という建物です。

1928年に洋館に建て替えられて、赤レンガのバロック洋式の「徳興居」は、「文明の進歩」を象徴しており、当時は深坑老街で最もおしゃれで豪華な建物として有名でした。

赤煉瓦の壁

細い道の両サイドは赤レンガの壁で、壁には住所が書かれていおり、どこかノスタルジックな世界に行ってしまいそうな雰囲気です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる