台湾にあるユニークな小学校を3校紹介【校内に戦闘機】

台湾にあるユニークな小学校を3校紹介【校内に戦闘機!?】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

台湾にはユニークな学校があるの?

実は台湾には日本では考えられないくらい、ユニークすぎる小学校が存在します。

僕は台湾に4年住み、ディープスポットやユニークな建物があると聞くと、好奇心からよく訪れていました。

今回はそんな僕が現地で有名な「ユニークな小学校」をまとめました。

学校は一般の方も立ち入り可能で「ちょっと変わった台湾観光をしたい!」と言う方にもオススメです。

目次

台湾にあるユニークな小学校を3校紹介【校内に戦闘機!?】

1.新北市板橋区大観国民小学校

滑り台

カラフルすぎる滑り台がある小学校

小学校とは思えない滑り台が「新北市板橋区大観国民小学校」にはあります。

滑り台は学校の中庭にあり、滑り台以外にブランコなどの遊具も設置されており、ずっと遊びたくなる空間が広がっています。

カラフルな滑り台

僕は休日の午前に小学校を訪れましたが、数組の親子が遊具で一緒に遊んでいました。

子供だけでなく大人も楽しそうに遊んでおり、僕も実際に遊具に触れてみましたが、カラフルな滑り台は「長さ」や「角度」が異なりバリエーションが豊かです。

カラフルな滑り台は3種類あり、1番長いものでは15mあります。

地面はクッション性があるので、子供たちが転けても安心できます。

注意事項の看板

せっかく板橋区までやってきたので、滑り台でも滑って帰ろうかと思いましたが、対象が6歳〜12歳までした。

残念ながら今回は遠慮しましたが、大人になっても滑りたくなってしまう、好奇心を掻き立てる滑り台でした。

校内にはグラウンドもあり、自由にトラックを利用でき、その他遊具も使用可能です。

新北市板橋区大観国民小学校

新北市板橋区大観国民小学校は、MRT府中駅から行くことができます。

小学校の目の前には台湾芸術大学があるので、街中にアートな雰囲気が漂っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる