新文化運動紀念館(旧台北北警察署)ってどんな場所?

新文化運動紀念館で旧台北警察署を体感する

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

新文化運動紀念館(旧台北北警察署)ってどんな場所?

こんな疑問に回答します。

新文化運動紀念館は1933年から「台北北警察署」として使用され、現在は博物館として一般客にも解放されています。

建物の内部には拘置室や当時の資料が展示してあり、無料で見学することができます。

そんな「新文化運動紀念館」で、当時の様子を体感してきたので紹介します。

この記事の内容
  • 社会運動などで逮捕された人たちが勾留されていた
  • 当時の拘置場に入ることも可能
  • レトロな建物が写真映えすると人気


目次

新文化運動紀念館で旧台北警察署を体感する

新文化運動紀念館とは

新文化運動紀念館は台北市大同区にある、周辺にはグルメで有名な夜市「寧夏夜市」やオシャレで有名な「スターバックス 保安店」があります。

» 台湾にあるオススメのスターバックスを紹介【8選】

現在の新文化運動紀念館は1933年に「台北北警察署」として建てられ、約90年の歴史があります。

当時は社会運動などで逮捕されえた人たちが連れてこられ、「台北北警察署」で拘留されていました。

1998年に台北市指定古蹟に登録され、2013年には修復工事が終了し「新文化運動紀念館」として一般公開が始まりました。

新文化運動紀念館を見学

階段

新文化運動紀念館に入ると手前にはカフェがあり、正面には当時から使用されている階段があります。

最近ではこのレトロな階段が学生たちから人気で、わざわざ写真撮影のためだけに訪れる人も多いのだとか。

特別展

建物の1階では常設展が行われ、「台北北警察署」の歴史について写真や映像で学ぶことができます。

2階に上がると特別展が催され、季節によって異なる催し物が行われます。

僕が訪れた時は日本統治時代の日本語教育についての展示でした。

拘置場の様子

新文化運動紀念館の一番の見どころ「拘置場」です。

「拘置場」の真ん中には収容する人たちを監視する監視台があり、独特の雰囲気が漂っています。

監視台に立つと計7つの拘置場を一度に監視することができ、この台の上に実際に立つことも可能です。

拘置場の中

拘置場内に入ることができ、捕らえられ知識人たちがどのような時間を過ごしていたのか体感できます。

木製の格

木製の格子が時代を感じますね。

新文化運動紀念館には拘置場だけでなく、拷問が行われていた場所も残されています。

日本ではあまり見れない場所なので、当時の日本人が台湾人に対して「どのようなことをしていたのか」具体的に体感できる施設です。

はっきり言って胸が痛くなるような場所でもありました。

アクセス・営業時間

新文化運動紀念館へはMRTが便利
・MRT大橋頭から徒歩6分
・MRT雙連駅からは徒歩7分

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる