語学学校講師が在籍・オンライン台湾華語教室「Jiang Chinese」【無料体験】

オンラインで台湾華語を学べるJiang Chinese【無料体験】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

オンラインで台湾華語を勉強したいな!無料体験できる講座は?

こんな疑問を解決してくれる「Jiang Chinese」を紹介します。

僕は「Jiang Chinese」を1年間受講し、台湾留学で得た中国語能力を当時のまま維持してきました。

それも台湾の語学学校に在籍する現役の講師のおかげです。

数多くの日本人を教えてきた経験から、日本人が「つまずくポイント」を把握し的確にアドバイスしてくれるので、留学後も貿易会社で仕事できる中国語能力を保てました。

もちろん僕のような学習経験者だけでなく、初心者向けにも丁寧にサポートしてくれるので「台湾華語」を勉強しようかと迷っているなら参考にしてください。

この記事の内容
  • 6年以上中国語を教えてきた経験豊富な講師人
  • 日本語が話せる講師も在籍
  • 無料体験(50分)も可能
目次

語学学校講師が在籍・オンライン台湾華語教室「Jiang Chinese」

Jiang Chinese
講中文 Jiang Chineseを中国語を学ぶメリット
  1. 現役の台湾人、中国人講師から学べる
  2. 低価格
  3. 一人一人の目的に応じて授業をしてくれる
  4. オンラインなのでいつでもどこでも勉強できる
  5. 無料体験(50分)ができる

僕は台湾留学から帰国後、中国語能力の維持と、HSK(日本で一番受けられている中国語検定)受験のため、1年以上週1回のレッスンを続けてきました。

Jiang Chineseがオススメな5つのワケ

1.現役の台湾人、中国人講師から学べる

現役の台湾人、中国人講師から学べる

「講中文 Jiang Chinese」で台湾華語を教えている講師の多くは、台湾の語学学校に勤務しています。

主に中国文化大学、銘傳大学、輔仁大学、師範大学、北京大学(中国)で6年以上中国語を教えてきた経験豊富な講師人です。

台湾人と中国人講師が在籍しているので、台湾華語だけでなく普通語(中国大陸で使われている)も学習可能です。

日本人が最も苦手とするスピーキングも徹底的に教えてくれる!

僕は台湾で中国語を4年勉強したけど、「話す」ことが一番苦手だったなぁ。

「講中文 Jiang Chinese」の講師は語学学校での経験が豊富だから、日本人がスピーキングに弱いことは把握済み。

さらに日本人が必ず「つまずくポイント」理解しているので、徹底的に教えてくれます。

台湾に移住予定や留学を考えているなら「台湾人から学べし」

台湾華語と普通語ってそもそも何が違うのか?

中国大陸で使用される「普通語」は一般的に標準語と言われ、台湾華語は方言です。

そのため台湾華語は中国でも通用する言語です。

台湾華語普通語(中国大陸で使用される)
字体繁体字簡体字
発音記号注音(ボポモフォ)拼音(ピンイン)
発音反り舌ではない反り舌

住予定や留学を考えているなら「台湾人から学べし」

なぜなら「台湾華語」は中国でも通じますが、多少の違いがあるうえ、一言聞いただけで「台湾華語」か「普通語」かの区別がつきます。

「台湾華語」は繁体字を使用するので、「普通語」の簡体字を勉強していると意味がわからないこともよくあります。

日常生活では大きな支障はないですが、将来的に台湾で仕事をしたり学校に通うとなれば、1からまた「繁体字」を勉強する必要があるので二度手間になります。

よって台湾移住や留学を考えているのであれば「台湾華語」を学ぶべきです。

2.受講目的に応じて授業をしてくれる

Jiang Chineseでは生徒の目的に応じて授業を行います


僕は仕事で中国語を使えるようになりたいので、台湾のテレビニュースや新聞を使った授業を受けています。

さらにスピーキング能力を落としたくなかったので、会話を強化した授業をお願いしたり、細かい要望にも対応してくれます。

中国語検定試験やHSKなどの資格取得にも対応

HSKの受験にも前には過去問を使った授業をしたり、就職で台湾企業の面接がある時は模擬面接もお願いしました。

もちろん台湾華語初心者用に基礎の発音から文法まで教えてくれたり、「ピンインで学びたい」「ボポモフォで勉強したい」といった細かい要望も大歓迎です。

遠慮せずに相談できて、個人に合わせた授業を展開してくれるのが「Jiang Chinese」の魅力です。

3.日本語が話せる講師人

日本で留学経験や就職したことがある講師人が在籍

日本に住んだ経験がある先生だと、日本人の気持ちを汲み取って接してくれます。

また日本語しか話せない学生でも安心して受講できるのもメリットです。

4.「いつでもどこでも」台湾華語が学べる

オンライン授業を採用しているので、好きなときに台湾華語が勉強できます。

授業時間は生徒が受講したい時間に合わせてくれるので、自分の空いた時間に学習が可能です。

基本的に「毎週何曜日の何時」と決めて授業が行われますが、用事があれば遠慮なく休むことができるし、日にち変更にも応じてくれます。

オンラインだからこそ現地に住む台湾人講師と簡単に繋がれて、生の台湾華語が学べるのは嬉しい。

5.低価格で台湾華語が学べる

料金設定

3つのコース選択と1レッスン70分

受講を開始するとなれば、まずは10回分の授業料を支払います。

1.個人クラス(General course Conversational class)
$250 USD(約28,000円)
※1回当たり約2,800円

2.HSKクラス(HSK Designated teacher)
$300 USD(約34,000円)
※1回当たり約3,400円

3.集団レッスン(Themed class Group class)
$200 USD(約23,000円)
※1回当たり約2,300円

他の台湾華語オンラインレッスン
・60分で3,000円が一般的

個人クラスで70分約2,800円で受講できるのはコスパ良し。

授業料はPayPal、クレジットカード、LINE Payなどで支払うこともできます。※PayPal等で支払う場合、授業料プラス手数料がかかります

講中文 Jiang Chineseを受けてみた

メール

Jiang Chineseは「Zoom」を使用し受講します。

授業開始までの流れ
  1. 無料体験をする
  2. 受講するときめば授業料を支払う
  3. 授業日時と時間を決める
  4. 授業前日にJiang Chineseから【Zoom ID】と【Zoom Pasword】の通知が届く
  5. 当日は「Zoom」にログインし授業開始

授業は明るい雰囲気でZoomに入室すると「最近はどう?」といった世間会話から始まり、その後は個人に合わせた授業が開始されます。

教科書の内容

テキストは自分で指定することも可能です。

もし特に希望がない場合は「Jiang Chinese」が生徒に合わせて教材を選んで「PDF」で送ってくれます。

さらに授業以外で中国語を学習して分からないことがあれば質問も可能です。

先生はみんな明るく、失敗や間違いを気にせず発言できるので、中国語の進歩もとても早いです。

無料体験(50分)ができる

「てくてく台湾」のブログを読んでくださった方限定で無料体験(50分)できます!

無料体験の申し込み方法

無料体験の申し込み方法フォーム

・名前

・Eメール

・紹介者【あり】

・紹介者氏名【てくてく台湾】

入力完了後は【SUBMIT】をクリックすればお申し込み完了です。

後日Jiang chineseから連絡がきます。

最後に

今回はオンラインで台湾華語を学べるJiang Chineseについて紹介しました。

もし「台湾華語」を学びたいと思っているなら、今こそチャンスです。

僕は台湾華語を勉強したことで、日本の貿易会社で仕事ができたり翻訳の仕事もいただけるようになりました。

さらに台湾だけでなく、中国、台湾だけでなく、シンガポールやマレーシアの人ともコミュニュケーションが取れるようになります。

台湾華語はあなたの選択肢を増やしてくれる

ぜひこの機会を利用し中国語を勉強してみてはどうですか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる