台湾の歴代総統を紹介【初代〜第7代】

台湾の歴代総統が誰か気になっていませんか?

今回はざっと歴代総統をまとめました

台湾では「国家の最高指導者」のことを大統領ではなく「総統」と呼び、現在は第7代目の蔡英文が務めています。

総統は1任期は4年間で、再選は1回までです。

目次

台湾の歴代大統領を紹介【初代〜第7代】

初代 蔣介石(中国国民党)

蔣介石
Wikipedia

任期
・1948年5月20日〜1949年1月21日
・1950年3月1日〜1975年4月5日

初代総統に就任。

中国大陸での戦いに敗れたのち、台湾に渡り統一を果たした。

東京振武学校(軍人養成学校)に留学していた経験もあり、台湾では蔣介石ではなく、蔣中正という名前が一般的。

第2代 厳家淦(中国国民党)

厳家淦
Wikipedia

任期
・1975年4月6日〜1978年5月20日

厳家淦は総統であったが、実権は第3代総統の蔣経国が掌握しており、名ばかりの総統であった。

蔣介石・蔣経国のイエスマンとも言われていた。

第3代 蔣経国(中国国民党)

蔣経国
Wikipedia

任期
・1978年5月20日 – 1988年1月13日

蔣介石の長男。

台湾の国際的経済地位を高めたことで、国民からは歴代総統の中でも高評価を受けている。

第4代 李登輝(中国国民党)

李登輝
Wikipedia

任期
・1988年1月13日 – 2000年5月20日

「民主化の父」

初めて直接選挙で選ばれた「民選」総統でもある。

日本で教育を受け、日本語が堪能で親日家としても有名だった。

第5代 陳水扁(民主進歩党)

陳水扁
Wikipedia

任期
・2000年5月20日 – 2008年5月20日

民主進歩党から初めて選出され、総統に就任。

台湾独自の文化、社会、経済などを重視した。

第6代 馬英九(中国国民党)

馬英九
Wikipedia

任期
・2008年5月20日〜2016年5月20日

イケメン政治家としても有名な馬英九。

2015年、中華人民共和国が建国して以来はじめて、中国(習近平)と台湾(馬英九)の首脳会談が行われた。

第7代 蔡英文(民主進歩党)

蔡英文
Wikipedia

任期
・2016年5月20日〜現職

初の女性総統に就任。

原子力発電の全廃を目指し、同性婚合法化を支持した。

コロナの押さえ込みには成功したが、ワクチン供与の問題で今後が注目されている。

Twitter

日本語で発信することもあります。

最後に

今回は台湾の歴代総統を紹介【初代〜第7代】しました。

中国問題やコロナなど、さまざまな問題がありますが、今後のしっかり注目していきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる