【台湾】エアガンメーカーの一覧【11社】店舗情報あり

【台湾】エアガンメーカーの一覧【11社】店舗情報あり

台湾のエアガンメーカーを知りたい!!

今回はこんな疑問に、てくてく台湾のSHIN(@tekuteku.taiwan)がお答えします。

この記事の内容
  • 台湾のエアガンメーカー11社を紹介
  • 動画付きで、各社のホームページも記載
  • 台湾のエアガン店ショップ
目次

台湾エアガンメーカーの一覧【11社】

1.LCT AIRSOFT

台湾‧彰化県に会社があるエアガンメーカー。

電動ガンのデザイン、開発、製造を行い、ファンの間では完成度が高いことでも有名です。

台湾のエアガンメーカーの中ではトップクラスに値段が高いことでも知られています。

2.KJWORKS

桃園市に会社を構えるKJWORKS。

昔は日本メーカーの下請けとしてエアガンを作っており、今では安価で手に入る商品を製造している。

3.VFC(VegaForceCompany)

電動ガンとガスブローバックの製造を行うメーカーです。

VFCはリアリティーさにこだわり、日本人にも多くのファンがいます。

4.WE(偉益)

偉益は台湾国内で20年間、模型を専門に作っていたメーカーです。

その後、エアガン人気に伴い「WE」というブランド名で販売を開始します。

まだまだ新しいメーカーなので、台湾国内では完璧さに若干かけるとの声もあります。

5.SRC

少し変わったラインナップのエアガンを販売しているSRCです。

安価でありながら、それなりの品質も保っているメーカーです。

6.G&G(G&G ARMAMENT)

2004年から自社ブランドのエアガンを製作し、台湾では非常に歴史があるメーカーです。

価格は高すぎず安すぎずで、品質も一定のレベルを保っているといえます。

7.ICS(ICS AIRSOFT)

ICS AIRSOFTは台湾・台中に本社があります。

電動ガンは、メカニズムに関しては東京マルイ製のものにかなり酷似したものが搭載され、外装はレシーバーを含む多くのパーツにメタルパーツを多用することで非常にリアルなものとしている。現在、AK74系、M16系、MP5系の3つの製品群が存在する。  M16系には分割式メカボックスが採用されており、メンテナンス性に優れている他、実銃と同じ方式でシリンダーを取り出せる等リアルさを追求することで他社との差別化を図っている。

wikipedia

8.BOLT

BOLT
出典【翔準國際軍品生存遊戲專賣店】

新しいエアガンメーカーです。

9.KWA

台湾製のエアガンメーカーの中でも、クオリティが高いオリジナルモデルを数多く発売しているKWAです。

10.GHK

GHKは2008年に台湾・中壢で設立された会社です。

11.LONEX震隆

LONEXを販売する震隆工業は自動車部品を取り扱うメーカーでしたが、そこで培われてた知識と技術を活かしてエアガンの販売を開始します。

品質性能ともにそれなりの評価を受けています。

台湾でエアガンを購入できるお店

BCS武器空間

台北、台中、台南、高雄など主要都市にあるので、観光ついでに訪れられるお店です。

KUI酷愛生存遊戲專賣

本店は台中にありますが、台北、高雄などにも支店があります。

翔準國際生存遊戲

高雄や桃園にショップがあり、ネット販売も人気のお店です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国。月間11万回読まれるブログ『てくてく台湾』運営中。

コメント

コメントする

目次