台南の新化老街【約100年の歴史があるレトロな場所を散策】

新化老街【台南からバスで行ける100年の歴史があるレトロな街】

こんにちは。

てくてく台湾の(@tekuteku_taiwan)です。

新化老街ってどんな場所?オススメの観光スポットは?

こんな疑問にお答えします。

「新化老街」は台南駅からバスに乗り約45分で行けれる老街で、築100年以上のバロック様式の建築物が保存されています。

まるで私たちが現代にいることを忘れさせてくれるような場所であり、どこか懐かしく心が落ち着く雰囲気もあります。

今回はそんな「新化老街」に、台湾に4年住みローカルスポットをバイクで巡り続ける僕が訪れて来ました。

この記事の内容
  • 新化老街の観光地まとめ
  • 当時の様子が今でも残されタイムスリップした気分になれる
  • アクセス方法
目次

台南の新化老街【約100年の歴史があるレトロな場所を散策】

1.新化老街

新化老街

「新化老街」は台南の山間部への入り口として政治・経済の中心地でした。

そのため日本統治時代の1921年ごろからバロック式の建物が建てられ、多くの人たちが商いを始め大変賑わっていました。

その後は時代の流れとともに政治・経済としての機能は下がっていきますが、現在では当時の街並みが完全に保存されていることから観光地として多くの人が訪れています。

» 台湾の街並みを写真付きで紹介【在住歴4年の僕】

新化老街

当時の建物では今でも飲食店やお土産屋さんが入り営業しており、当時の雰囲気をわずかながら感じることができます。

お米屋さん

建物には当時どのようなお店だったか分かるように、お店の名前が今でも残されています。

赤煉瓦の建物も築約100年とは思えない保存状態で、街を歩いているとまるでタイムスリップしたような気分になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる