麺線ってなに?【味、読み方、カロリー、種類、オススメのお店】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

台湾の麺線ってなに?どんな味?オススメのお店は?

こんな疑問に答えています。

今回は台湾に4年住み、台湾グルメを食べ尽くした僕が麺線について、味、読み方、カロリー、種類、オススメのお店についてまとめました。

この記事の内容
  • 麺線とは台湾のB級グルメ
  • 麺線の種類とカロリー
  • オススメのお店
目次

麺線ってなに?

麺線

麺線の読み方は【miàn xiàn(ミエン シエン)】です。

麺線とは台湾のB級グルメで、食堂、夜市などで販売されています。

価格は約50元(200元)〜食べることができるので、食事の時間帯だけでなく小腹が空いた時にぴったりです。

麺は細麺で日本のそうめんと似ている

味はカツオ粉と醤油などが効いたとろとろスープで、日本人にも馴染みのある優しい味付けです。

具材は牡蠣入り(蚵仔麺線)や大腸(大腸麺線)が人気で、最後にパクチーをかければ完成です。

台湾で人気の麺線【3選】

1.蚵仔麺線(牡蠣入り)
台湾では人気の麺線で、牡蠣と大腸が両方入ったものもある

2.大腸麺線(大腸入り)
歯応えのある大腸が絶品

3.小巻麺線(イカ入り)
台湾海峡に浮かぶ澎湖諸島で有名

カロリー

カロリー(一杯400g)
大腸麺線(大腸入り)448キロカロリー
蚵仔麺線(牡蠣入り)395キロカロリー
小巻麺線(イカ入り)397キロカロリー

台湾で美味しい麺線が食べれるお店

阿宗麺線

阿宗麺線

台湾で最も有名な麺線のお店といえば、台北にある「阿宗麺線」です。

台湾人だけでなく日本人からの知名度も高く、多くの観光雑誌やテレビにも取り上げられています。

店員さんは観光客に慣れているので、日本語しか話せない旅行者も安心して行くことができます。

店内に椅子はなく、お店の外にいくつか椅子があるだけです。

阿宗麺線の麺線

大碗は70元で、小碗は55元。

パクチーが乗っているので、苦手な方はオーダーするときに伝えましょう。

味はカツオ出汁がしっかりと効いたスープで、一度食べたらハマること間違いなしの絶品グルメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる