【最新】台湾留学を1ヶ月するため費用を公開

【最新】台湾へ1ヶ月留学するため費用を公開

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

台湾に1ヶ月留学したいんだけど。費用はいくら?借りれる家とかあるの?

こんな疑問にお答えします。

僕は台湾に4年留学し、語学学校で学生ボランティアをしていた経験から今回の記事をまとめました。

1ヶ月だと入学できる学校や時期が限られますが、計画的に予定を組めば充実した留学生活が過ごせます。

この記事の内容
  • 1ヶ月留学するなら最低17万円は必要
  • 中国文化大学と淡江大学なら一年中留学できる
  • 賃貸物件を借りるのはコスパが悪い
目次

【最新】台湾留学を1ヶ月するため費用を公開

校舎

台湾で短期留学(1ヶ月)留学するには日本円で約17万円は必要です。

中国語学習だけでなく台湾観光を楽しみたい方や、住まいにお金を方をかけたい方の費用はもっと高くなります。

今回は下記の順に費用を計算しています。

※1元=4円で計算

1.学費
2.家賃
3.生活費
4.飛行機代
5.合計金額

1.学費(1ヶ月)

大学付属の語学学校に留学する場合、授業方式はマンツーマンレッスンかグループレッスンです。

今回は主にグループレッスンを受講することを仮定して学費を算出しています。

また1ヶ月留学だと通年入学可能な学校と季節によって入学可能な学校があります。

通年入学可能な学校

1.中国文化大学
【最新2021】中国文化大学 語学センターの入学申請方法

・集中コース(4週)は13,800元(55,200円)
・標準コース(4週)は12,800元(51,200円)

クラス授業時間1ヶ月の授業料+その他費用=合計
集中コース(4週)1日3時間12,500元(50,000円)+1,300元(5,200円)=13,800元(55,200円)
標準コース(4週)1日3時間11,500元(46,000円)+1,300元(5,200円)=12,800元(51,200円)
その他費用の内訳金額
登録費300元(1,200円)
教材費約1,000元(約4,000円)

集中コース、標準コースは通常1学期(3ヶ月)のコースです。

もし1ヶ月留学するのであれば、1学期(3ヶ月)のクラスに入学し1ヶ月だけ学ぶことになります。

入学前にオンラインでレベル分けテスト行います。

名称中国文化大学 華語中心
住所 台北市大安区建国南路2段231号4階406室
授業時間9時10分〜12時00分
13時10分〜16時00分
ホームページ中国文化大学 華語中心

» 中国文化大学 華語中心で学ぶメリット・デメリット【最新】

あわせて読みたい
中国文化大学 華語中心で学ぶメリット・デメリット【最新】 こんにちは。てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。 中国文化大学 華語中心の特徴は?メリット・デメリットを教えて! こんな疑問にお答えします。僕は台湾に4...
2.淡江大学 中国語センター
淡江大学 中国語センター

正規中国語プログラム(4週間)は12,200元(48,800円)

クラス授業時間授業料+その他費用=合計
4週間1日3時間11,200元(44,800円)+1,000元(4,000円)=12,200元(48,800円)
その他費用の内訳金額
教材費約1000元(4,000円)

通常3ヶ月コース(正規中国語プログラム)の中に入って、1ヶ月だけ学ぶというスタイルです。

中国語センターは東門にあってアクセスが便利で、台湾の中心部で短期留学したい方にはオススメです。

毎月開講で中国語初心者以外方はレベル分けテストがあります。

名称淡江大学 中国語センター
住所台北市大安区金華街199巷5号
授業時間8時40分〜11時30分
ホームページ淡江大学 中国語センター

季節によって開講する学校

1.台北・台湾師範大学
台湾師範大学

中文三週速達班は春、夏、冬開講で、1,000USドル(114,660円)

クラス授業時間授業料
中文三週速達班午前
午後
1,000USドル
(114,660円)
教材費・歓迎会費など込み

台湾師範大学では中文三週速達班という3週間クラスがあります。

開講は春、夏、冬の3回あり、授業時間は毎日9時10分〜12時10分と14時00分〜16時00分で、値段は1,000USドルです。

午前は語言課を学び、午後は日によって文化課、校外教學、学伴交流会があります。

※2022年の春クラスはコロナ禍で開校されませんでした。

名称国立台湾師範大学 国語教学センター
住所台北市大安区和平東路1段162号
ホームページ国立台湾師範大学 国語教学センター
2.台北・政治大学(1ヶ月の学費と宿泊費込み111,600円〜)
政治大学

7月開講で大学生向けに行われる2週間留学プラン

クラス授業時間学費+宿泊費
国際学生会館
1人部屋
2週間(30時間)33,800元(135,200円)
国際学生会館
2人部屋
2週間(30時間)31,000元(124,000円)
自強十舍
2人部屋
2週間(30時間)32,500元(130,000円)
【2021年のプランです】

宿泊費用が込みなのが魅力的で、宿泊先を探す手間が楽になります。

7月のみの開講で、2週間クラス(30時間)です。

教材費、授業開始時間の記述なし。

名称国立政治大学 華語教学中心
住所台北市文山区指南路二段64号
ホームページ国立政治大学 華語教学中心
3.国立成功大学 華語中心

暑期短期班なら5週間(毎週15時間)で16,200元(64,800円)

クラス授業時間学費
6月下旬5週間(毎週15時間)16,200元(64,800円)
7月下旬5週間(毎週15時間)16,200元(64,800円)

古都・台南の静かな落ち着いた雰囲気の中で、集中して勉強できます。

暑期短期班は夏(6月、7月)に開講し、5週間(毎週15時間)で語言課程と文化課程を学習します。

教材費、授業開始時間の記述はありませんでした。

名称国立成功大学 華語中心
住所台南市大学路1号光復校区修齊大樓3F
ホームページ国立成功大学 華語中心

個人クラス

各学校で短期留学者向けに個人クラスの申し込みができます。

最低でも1時間600元以上〜受講可能です。

2.家賃

・賃貸 20,000元(80,000円)〜敷金別

・ホテル 20,000元(80,000円)〜

・ゲストハウス 1,0000元(40,000円)

・国際宿舎 8,100元(32,400円)〜

・シェアハウス 10,000元(40,000円)〜

・Airbnb 10,000元(40,000円)〜

1ヶ月の台湾留学で賃貸物件を借りるのは、コスパが悪いです。

そのため国際宿舎やAirbnbを利用することをオススメします。

※台北以外は上記より安くなることもあります。

台湾留学で住まいを探せるサイト
  • 591房屋交易(賃貸物件がメインですが、ホテル等も掲載されています。)
  • Airbnb(日本語だけで契約ができる)
  • BORDERLESS HOUSE(日本語だけで契約ができる)
  • 台湾掲示板(台湾に住んでいる日本人なら誰もが使うサイト)


3.生活費

買い物する市場

生活費は少なく見積もって、約13,800元(55,200円)です。

【僕の1ヶ月の出費】
  • 食費:1食100円(400円)×3食×30日=9,000元(36,000円)
  • 通信費:800元(3,200円)
  • 交通費:1,000元(4,000円)
  • 雑費(生活必需品の購入など):3,000元(12,000円)

合計(1ヶ月の生活費):13,800元(55,200円)

毎日学校に行って勉強するだけなら、13,800元(55,200円)くらいの費用です。

しかし語学学校は1日3時間なので、空いた時間に観光などすると出費が重なることは間違いないです。

1ヶ月の台湾留学なら、海外データ通信量が最大で月2GB以内なら最大2,980円で利用できる、楽天モバイルを持っておけば、海外で面倒なスマホ手続きなども省けるのでオススメです。

» 台湾旅行や留学なら楽天モバイルが超便利

4.飛行機代

空港

往復7,500元(30,000円)

※LCCの料金で計算しています。

» 台湾留学で必ず持つべき海外保険付帯クレジットカード【裏技あり】

5.台湾短期留学(1ヶ月)の留学費用の合計

台湾へ1ヶ月留学するため費用は41,600元(166,400円)は必要です。

日本円で約17万円あればなんとか台湾留学できます。

留学中に少し遊びたいなら20万円くらいあれば、中国語も勉強できて、それなりに遊べますよ。

※最も安い場合の1ヶ月の留学費用です。

全ての費用合計
  • 学費(淡江大学):12,200元(48,800円)
  • 家賃:8,100元(32,400円)
  • 生活費:13,800元(55,200円)
  • 飛行機代:7,500元(30,000円)

合計:41,600元(166,400円)

中国語は短期留学(1ヶ月)でどれほど成長するか

中国語を勉強する様子

初心者の方が1ヶ月に留学した場合、発音がようやくできるくらいで1ヶ月は終わってしまいます。

日常会話レベルにはほど遠く、お店に行っても「これが欲しい」「あれが欲しい」と言えるくらいのレベルだと思います。

本気で中国語を話せるために、勉強しに台湾に来るのであれば、1ヶ月では期間が短すぎます。

中国語を勉強して台湾で就職するのであれば、最低でも1年は留学することをオススメします。

「台湾に一度住んでみたかった」「ちょっと中国語が話せたらいいなぁ」と思う方には1ヶ月の台湾短期留学はオススメです。

» 語学学校講師が在籍・オンライン台湾華語教室「Jiang Chinese」【無料体験】

最後に

今回は【最新】台湾留学を1ヶ月するため費用を公開しました。

台湾に留学する日本人も年々増え、台湾人気も上昇するばかりです。

台湾という場所は日本人がとても住みやすく、留学する場所には最適です。

そんな台湾に1ヶ月、17万円で語学学校に通えて、生活できるなら、コスパいいですよね。

悩んでいるならぜひ台湾短期留学に行ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる