初めての台湾旅行で注意すべきとこ【日本人は毎年犯罪に巻き込まれています】

初めての台湾旅行で注意すべきとこ【日本人は毎年犯罪に巻き込まれています】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

初めて台湾旅行に行くんだけど、注意すべきことはなに?

こんな疑問にお答えします。

筆者の経歴
  • 初めての海外旅行が台湾一人旅(中国語話せない)
  • 旅行後、台湾が好きになり4年住む(ワーキングホリデー・ 留学)
  • 趣味は自前のバイクで台北をツーリングすることだった
  • 現地のマッサージ店に勤務経験あり
  • 現地の語学学校で日本人留学生のサポート経験あり
目次

初めての台湾旅行で注意すべきとこ【日本人は毎年犯罪に巻き込まれています】

1.海外保険付帯クレジットカードは必須

台湾旅行中は何が起こるかわからないので、海外保険付帯クレジットカードは必須です。

日本人旅行者は毎年のように犯罪や交通事故に巻き込まれており、いざという時のためにもクレジットカードは持っておきましょう。

カードによっては海外でキャッシングできる機能もあり、年会費無料で作れるカードもたくさんあるので持っていて便利です。

海外保険付帯クレジットカードは「自動付帯」と「利用付帯」の2種類ある
  • 「自動付帯」はクレジットカードを所持しているだけで自動的に適用される保険
    【エポスカード】(年会費無料)
  • 「利用付帯」は旅費(航空チケット・ツアー代など)を対象のクレジットカードで支払うと適用される保険
    年会費永年無料の楽天カード(利用付帯)

2.両替は現地レートがお得

銀行風の看板

日本円を台湾ドルに両替するなら圧倒的に台湾の方がお得です。

日本円(10,000円)を台湾ドルに両替
  • 日本の空港で両替した場合、日本円10,000円→台湾ドル2,099ドル
  • 台湾の空港で両替した場合、日本円10,000円→台湾ドル2,342ドル
    ※各空港や日によってレートが異なるので参考程度に

上記の両替例を参考にすると、台湾で両替した方が243台湾ドルお得になります

桃園国際空港なら24時間両替ができるから安心!

もっとレート良く両替をするのであれば、街中にある銀行や昇祥茶行(台北市内)というお茶屋さんを利用しましょう。

3.Wi-FiやSIMカードがなくても、なんとかはなる

僕は初めての台湾旅行でWi-FiルーターやSIMカードを購入せず旅行しました。

台湾にはフリーWi-Fiがあったり、ホテル、カフェ、マッサージ店に行けばWi-Fiが完備されているお店があります。

台湾フリーWi-Fi
  • iTaiwan(事前登録などが必要)
  • Taipei Free(国際SMSの受信ができれば登録可能)
  • New Taipei(新北市の無料Wifi)
  • Tainan WiFi(台南市内の無料Wifi)
  • iTaichung(台中市の無料Wifi)
  • iTaoyuan(桃園市の無料Wifi)
  • iHsinchu(新竹市の無料Wifi)

ただWi-Fiがない場所に行けば誰とも連絡が取れないし、特に女性1人だとかなり危険です。

そのためSIMカードを購入したりやWi-Fiルーターをレンタルすることをオススメします。

1週間以内の旅行であれば1,000円程度で利用できるのでコスパも良いです。

SIMカード
台湾 4G-LTE データ通信 使い放題 プリペイドSIMカード (3日間)
台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信無制限 速度低下なし 5日 無料通話付き
台湾モバイル 台湾大哥大(30日)

Wi-Fiルーター
TV、ラジオで話題のイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのグローバルWiFi|WiFiルーターのレンタル
安い!簡単!無制限!現地空港Wifiカウンター連携サービス【SakuraMobile海外Wifi】

楽天モバイルなら海外でも使用(月2GB以内)することができます!!

どれだけ使っても無制限で2980円(税込3278円)で、毎月使ったデータが1GBまでなら無料なのでオススメです。

» 台湾旅行や留学なら楽天モバイルが超便利

あわせて読みたい
台湾旅行や留学なら楽天モバイルが超便利 こんにちは。てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。 ・台湾に行くたびにインターネット接続をどうするか悩む。・台湾旅行のたびにルーターやsimカードを購入す...

4.日本語は通じるのか問題

観光地に行けば簡単な日本語は通じます。

有名な飲食店、ホテル、マッサージ店に行けば、最低限の日本語がわかるスタッフがいますが、ローカルスポットに行けば、日本語だけでなく英語すら通じないエリアもたくさんあります。

僕は初めて台湾旅行に行った時は中国語も話せなければ、Fラン大学の英語レベルでしたが、ボディーランゲージと拙い英語で乗り切ることができました。

もし何かあれば台湾人は優しい人ので、積極的に声を掛ければ助けてくれますよ。

» 台湾って何語なの?旅行の時に日本語や英語は通じるのか

5.治安が悪いエリアには近づかない

龍山寺を参拝している人

特に台北市・龍山寺新北市・三重区は治安が悪いエリアと言われています。

このエリアはヤクザやホームレス、貧困家庭が多く、性産業も盛んなエリアです。

昼間は歩きやすいですが、夜になると見回りの警察官が増えるので、女性1人での徘徊はとても危険です。

どうしても出ないといけない用事があるのであれば、必ず人通りがある明るい道を選びましょう。

6.交通事故

台湾を走る車

台湾では毎年のように日本人が亡くなる事故が発生しています。

日本の交通事故死者数2,839人
台湾の交通事故死者数3,000人(台湾の面積は日本の1/10)

街中を走る車は運転が荒く、交通違反の件数は世界ワーストを記録したこともあります。

歩行者優先の日本とは異なり、台湾は自動車が優先なので、たとえ青信号であっても気をつけて横断しましょう。

7.地下鉄(MRT)事情

MRTの車内

改札を抜けるとホームや車内で飲食(ガム含む)は禁止です。

もし違反すると1,500元以上7,500元以下の罰金になるので気をつけてください。

台湾で譲り合いの精神が浸透しているので、必要としている人がいれば必ず優先席(博愛席)を譲りましょう。

また地下鉄(MRT)内では通話も可能ですが、多くの人の迷惑にならないよう小声で話すことをオススメします。

8.バス事情

バス

台湾でバスに乗るためには手を上げてバスを停めます。

日本のようにバス停で立っているだけでは、バスは停車してくれないので、はっきり目立つように手を上げてましょう。

また台湾のバスは運転がめちゃくちゃ荒く、乗客が席に座る前に急発進することもよくあるので、乗車後はすぐに吊革や手すりを持つことをオススメします。

台湾のバス到着時間がわかるアプリ
台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄/國道客運)
台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄/國道客運)
posted withアプリーチ

9.タクシー事情

タクシー

ぼったくられることはあまり無いです。

とはいえ怪しい運転手も存在するので、綺麗で清潔感のあるタクシーに乗車しましょう。

遠回りする運転手も入りので、Googleマップを開いて道案内を見ながら乗車すればさらに安心です。

また台湾のタクシーのドアは自動で開かないので、手動で開け閉めすることを忘れずに。

日本人女性は大人しく誘拐される標的になりやすいので、できるだけMRTの利用をオススメします。

最近では明瞭会計で安心して利用できると「Uber」を使う人も多いです。

Uberをダウンロード
Uber
Uber
posted withアプリーチ

10.日本人を狙ったスリや盗難

2017年に日本人観光客を狙ったスリ事件が発生しました。

現場は夜市や地下鉄の駅で、人混みに紛れてファスナーの閉まっていたカバンの中から貴重品を盗み出すというものです。

特に日本人は清楚で品のある格好をしているので、一瞬で日本人だとバレて犯罪のターゲットになりやすい傾向にあります。

もし人混みの中に行くのであれば、貴重品を隠せるウエストポーチなどを持っておきましょう。

11.臭い

臭い

初めて台湾を訪れた人な中には、「臭い場所」だなと感じる人もいます。

街全体が日本より衛生的に汚く、夜市に行けば生ごみが放置されている事もあるので、臭いと感じる事も多いです。

「どうしても台湾の匂いが苦手だ」という方は、台北市内であれば悪臭は漂っていないのでオススメです。

» 台湾が臭いと感じる原因と対策方法【4年住んだ僕】

12.ゴキブリとネズミ

台湾中、どこを歩いてもゴキブリとネズミに遭遇します。

僕は台湾に4年住んでいましたが、ほぼ毎日見かけていました。

高級住宅がと言われるエリアでも出没するので、いきなり出てきても驚かない準備が必要です。

13.トイレ事情

台湾で綺麗なトイレはほぼありません。

トイレットペーパーもトイレに流せない場所がほとんどで、拭いた後のペーパーは備え付けのゴミ箱に捨てます。

そのため日本のトイレに比べて汚いので、どうしようもない時は百貨店やホテルのトイレを利用しましょう。

台湾のコンビニにはトイレがない場所がほとんどです!

ウォシュレットトイレなんて高級ホテルくらいしかないので、「絶対に必要だ!!」という人は携帯用を持っていくことをオススメします。

14.水道水は飲めない

台湾の水道水は水道管が古く、衛生的に汚いので飲めません。

歯磨きやうがいをする程度であれば問題ありませんが、飲料水として利用するとお腹を壊す可能性があります。

コンビニやスーパーに行けば10〜20元くらいで、ミネラルウォーターを購入できるので、ホテルに数本ほど準備しておくと便利です。

日本の水道水に慣れている人は、台湾の水道水でお腹を壊しやすいので気をつけてください。

15.甘いお茶が定番

お茶

スーパーやコンビニで適当にお茶を選ぶと「甘いお茶」を買ってしまうかも。

初めて台湾に行った時、誰もが間違えるミスのひとつです。

喉がカラカラでお茶を買ったら「あま〜いお茶」で、思わず吹き出しそうになったなんてことはよくあります。

台湾では甘いお茶が人気なので、購入前はラベルに「無糖」と書いてあることを確認し購入しましょう・

16.コンセント・電圧は日本とほぼ同じ

台湾のプラグ形状と電圧は日本とほぼ同じなので、そのまま台湾で利用できます。

台湾:電圧は110V、周波数は60ヘルツ
日本:電圧は100V、東日本50ヘルツ・西日本60ヘルツ

パソコンやスマホ(iPhoneなど)の充電器は、対応電圧が100V〜240Vで作られているので、台湾でもそのまま使用できます。

ドライヤーやコテなどは一応台湾でも使用できますが、対応電圧が100Vのものが多いので、故障の原因にもなりかねます。

最悪の場合発火の原因にもなるので、変圧器を購入ることをオススメします。

17.チップを渡す必要はない

お金

台湾にはチップの習慣はありません。

ただ相手のサービスに満足を得たのであれば、チップを渡しても大丈夫です。

僕は台湾のマッサージ店に勤務した経験がありますが、時々、チップを頂く事もありました。

もらった本人はとても嬉しい事なので、サービスに満足してチップを渡したい気持ちになれば、渡してあげればと思います。

18.台湾料理が口に合わない

台湾料理

台湾料理は美味しいと有名ですが、まずいと感じる人もいます。

独特の香辛料(八角、五香粉)やパクチーなどが「まずい」と思う理由で、期待外れだったと思う旅行者も多いです。

魯肉飯(ルーローハン)や牛肉麺も、香辛料が使われているお店があるので、独特な香りが苦手な人は下記の記事を参考にしてください。

クセが少ない料理を食べれるお店も紹介しています。

» 台湾料理ってまずくない?日本人が苦手な食べ物とは【20選】

あわせて読みたい
台湾料理ってまずくない?日本人が苦手な食べ物とは【20選】 台湾料理まずくない?美食大国って聞いのにどれも美味しくない。どれも口に合わなくて絶望している 今回は台湾料理が想像以上に「まずく」感じたあなたへ、なぜ美味しく...

19.マッサージ

健全なマッサージ店だけでなく、違法なお店も数多く存在します。

現地でマッサージ師をしていた経験から「こんなお店は危険」というお店についてまとめました。

台湾で注意すべきマッサージ店
  • タイ式(泰式)やベトナム式(越南式)のマッサージ店
  • お店の外から店内が見えない
  • 受付の女性がミニスカート
  • 龍山寺周辺のマッサージ店

このようなマッサージ店に間違えて入店すると風俗店の恐れがあり、警察も頻繁にやって来るので気をつけてください。

満足で安心したマッサージを受けるのであれば、観光雑誌やブログで紹介してあるお店に行きましょう。

» 台北・オススメの足つぼマッサージ店まとめ【マッサージ師の僕】

セクハラに遭遇するかも

質の悪いお店であれば、セクハラマッサージ師がいる可能性もあります。

手の動きや言動が気になるようであれば、大きな声で拒否し、担当のマッサージ師をチェンジしてもらいましょう。

また女性がオイルマッサージやリンパマッサージ注文したとき、男性マッサージ師が担当する可能性もあるので、入店時は受付で誰が担当なのか確認しておきましょう。

20.折りたたみ傘は必須

雨

年中スコールがあり、特に4月から6月まで雨季なので、折りたたみ傘は必須です。

雨の勢いも日本とは比べ物にならないくらい激しい日があるので、そんな日は靴を履くのではなくサンダルを履くのもオススメです。

最後に

今回は初めての台湾旅行で注意すべきとこ【日本人は毎年犯罪に巻き込まれています】についてまとめました。

色々と注意すべきことについて書きましたが、台湾は治安が良く、人も優しいので、何かあれば助けてくれます。

羽目を外しすぎることなく、交通事故など細心の注意を払えば、きっと充実した台湾旅行になるはずです。

日本人にとって居心地が良く、ハマる人が続出する国なので、思い存分に台湾旅行を楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる