陸光小館で台湾No. 1に美味い蒸し鶏に遭遇【レトロでおしゃれ食堂】

絶品の鶏肉料理を味わえる陸光小館を紹介【迷ったらこの店】

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku.taiwan)です。

陸光小館ってどんなお店?オススメ料理は?

こんな疑問にお答えします。

日本の観光雑誌、ほぼ全てに取り上げられている「陸光小館」ですが、台湾に4年住んでいながら今まで訪れていなかった僕。

ずーっと気になっていたものの「台湾に住んでいると今度でいいか」と思い、月日が経つ一方。

そんな僕がついに「陸光小館」に行ってきたので、オススメ料理やお店の雰囲気などレビューします。

この記事の内容
  • 陸光小館をレビュー
  • 昭和を感じるレトロな建物が懐かしい
  • 鹽焗雞(蒸し鶏)は絶対に注文すべし

2022年5月に陸光小館は閉店しました。
2022年9月に新たな住所が決まり、移転予定です。

目次

陸光小館で台湾No. 1に美味い蒸し鶏に遭遇【レトロでおしゃれ食堂】

陸光小館

陸光小館の外観

お店の外観からレトロが溢れ出ています。

この外観を見ただけで、写真を撮りたくなってしまいます。

陸光小館では昔、外省人が台湾にやってきた際に、彼らの居住エリアで食堂として営業していました。

そのあと現在の場所にやってきて営業をはじめ、今でも当時の味を楽しめることができます。

店内の様子

お店の雰囲気も当時の台湾感がします。

というのもお店のオーナーが残していたものを展示して、当時のままの雰囲気を保っているそうです。

レトロな雰囲気が好きな人には堪りません。

飾られた食器類

当時に使われていたであろう、瓶や食器も数多く並べられています。

陸光小館の料理

炸醤麺(70元)

・炸醤麺(70元)

麺は太めのちぢれ麺です。

麺と一緒にネギ、ネギ、味噌ベースのタレが入っています。

この味噌ベースのタレともちもちのちぢれ麺が相性抜群で、さっぱりと食べることができます。

辛すぎることもなく、癖もないので食べやすい料理でした。

鹽焗鶏(280元)

・鹽焗鶏(280元)

鹽焗鶏(蒸し鶏)がうますぎました。

僕は台湾に4年住んでいましたが、その中でもダントツにおいしかった料理です。

陸光小館に行くなら必ず頼むべき料理です。

塩味のプリプリの鶏肉の上にたっぷりのネギがかかっています。

ネギはニンニクの味がついていて、このネギと鶏肉が最高にマッチします。

僕があまりの美味しさでご飯をお代わりしたので、お店のおばちゃんに「この鶏肉美味しいでしょ??」と絡まれちゃいました。

滷味

・滷味

滷味とは台湾の煮込み料理のことで、台湾の夜市などでも売られています。

今回は注文しませんでしたが、陸光小館でおすすめの料理みたいです。

この味がしっかり染み込んでそうな色が食欲をそそりますね。

この他にもチャーハンや回鍋肉、鍋料理など思う存分台湾料理を味わうことができます。

店内

・ビール、ジュース

お店の奥にドリンクが入った冷蔵庫があり、自分で持って来て飲むセルフスタイルです。

お会計の際に店員さんが飲んだ本数を数えて計算してくれます。

陸光小館へのアクセス

・MRT忠孝復興駅から徒歩10分
・MRT忠孝敦化から徒歩8分

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国。月間11万回読まれるブログ『てくてく台湾』運営中。

コメント

コメントする

目次