中国文化大学 華語中心でどのコースを選択すべきか【最新】

【最新2021】中国文化大学 語学センターでどの課程を選択する?

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku.taiwan)です。

中国文化大学ってどんな感じ?どんなコース選があるの?

こんな疑問にお答えします。

中国文化大学 華語中心は台北市中心部のビルに校舎があり、学校横には大安森林公園という広大な公園があるので、都会にいながら自然に触れ合える環境が整っています。

そんな中国文化大学 華語中心に3年半通い、学校の事務室でボランティアをしていた僕が、文化大学の授業選択について書きました。

この記事の内容
  • 文化大学には集中課程と一般課程というコースある
  • 各コースについて知っておくべきこと
  • 学費と使用教材
目次

中国文化大学 華語中心でどのコースを選択すべきか【最新】

中国文化大学では集中課程と一般課程選択がある

・集中課程

少人数クラス、1学期10‐12課分学習(一学期に進む学習スピードが速い)

TOCFLの取得を目指される方。語学留学で来られた方。

仕事で中国語を使用する方にオススメ。

・一般課程

1学期、必須科目8課分学習+選択科目。

集中コースに比べると学習スピード遅い。

台湾生活において中国語学習がメインでない方。

ゆっくり学習したい方向け。

2020年9月現在中高級クラス以上の方は一般クラスのみ開講です。

(申し込みの時期により定員オーバーの可能性があるので、早めのお申し込みをお薦めします)

授業開始時間の変更

授業時間

2019年 10:00~11:00・10:10~13:00・14:10~17:00

2022年 9:10~12:00・13:10~16:00 に変更なりました。

申し込みの生徒数が少ない場合、午前または午後のみの開講もありえます。

(詳しくは学校に問い合わせください)

午前授業はすぐ定員に達することがあるので、早めのお申し込みを!!

授業時間の内訳

2019年:2時間/必修科目+1時間/選択科目 (週/必修科目10時間+選択科目5時間)

2022年
・集中課程
:3時間/必修科目 
(週/必修科目15時間)
一般課程:月曜から木曜日の毎日3時間必修科目+金曜日の3時間選択科目 
(週/必修科目12時間+選択科目3時間)

» 中国文化大学 華語中心の授業ってどんな感じ

あわせて読みたい
中国文化大学 華語中心の授業ってどんな感じ こんにちは。てくてく台湾のSHIN(@tekuteku.taiwan)です。 台湾大学選びで悩んでいる。中国文化大学ってどんな感じ? といった疑問を解決するために、中国文化大学に...

学費について

中国文化大学 華語中心(語学センター)学費を参照ください。

2020年より早割がなくなりました。

何学期かまとめて支払うと割引があったり、割引キャンペーンを実施することもあるので、定期的に学校ホームページを確認すれば、お得に中国語を学べれるかも。

中国文化大学で使用されている教科書

2020年9月現在、初級から中級レベルは時代華語を使用しています。

淡江大学、輔仁大学、文藻外語大学、慈濟大学、國立臺北教育大学、中国文化大学、逢甲大学、の七校の語学センターが共同で制作した教科書です。

TOCFL(華語文能力測検)のテスト向けに作られており、各教科書16のテーマごとに書かれ、日常生活、飲食と文化、旅行と交通といった内容です。

TOCFL向けに作られていますが、台湾生活で使用するフレーズが多数記載してあり、近年出版された教科書なので記載されている単語も古臭くなく、非常に実用的な教科書です。

中高級レベルが使用する教科書で、一冊の中に12のテーマがあり、日常生活の中で、基本的なコミュニケーションを達成させるために作られています。

實用視聴華語5は比較的上級者向けで、内容は高齢化と少子化社会、食の健康と安全、生涯学習など、難易度は高めです。


各行各業說中文


主題討論(中国文化大学で最も上のクラス)は各行各業說中文を使用します。

台湾師範大学が出版しており、①と②の2冊あります。

・各行各業說中文①は会社内部で使う中国語がメイン。
・各行各業說中文②は外部の会社とのやり取りがメイン。

どちらの教科書も仕事をする上で発生した問題をどのように話し合い、解決するのかといった内容です。

僕は日本に帰国後、貿易会社で働いていましたが、中国企業とのやり取りの際「各行各業說中文」を勉強して良かったと思うことが何度もありました。

教科書レベルは高いですが、台湾や中国でビジネスをする方は必ず役立つ一冊です。

この教科書以外にも主題討論では新聞1、新聞2、思想といった教科書もあります。

» 台湾華語を勉強するのにオススメの教材7選【台湾留学で使用した】

あわせて読みたい
台湾華語を勉強するのにオススメの教材7選【台湾留学で使用した】 こんにちは。てくてく台湾のSHIN(@tekuteku.taiwan)です。 台湾華語を勉強したい!!オススメの教材を教えて!! こんな疑問にお答えします。僕は台湾に4年間留学し...

最後に

台湾留学のときにどの大学に行き、どのコース選択とレベルを選択するかは重要事項です。

目的を明確にし、かつ自分の中国語レベルを過大、過小評価しないことも重要かなと思います。

中国文化大学の事務室で日本人ボランティアスタッフをしていた時、

クラスメートがみんな私より凄くてついていけない。


といったクラスのレベルやレベル変更に関する相談をよく受けました。

特に日本である程度中国語を勉強して台湾に来た場合、台湾で生活する中で台湾人の話す中国語が速すぎて「自分が思っていたより聞き取れない、話せない」といったことがよく起こります。

その場合、

①台湾人の発音に慣れていないだけで数カ月たてば問題なくなったので、クラスレベルはそのままでよかったという方
②一から勉強しなおすつもりでもう一度基礎からやる方

という大きく分けて2パターンに分かれていました。

前者はクラスのレベルに付いていくために、より努力する必要があるでしょうし、後者は一からやる忍耐力と時間が必要になります。

もし入学後自分がその立場に陥った場合、今後の自分がどうなりたいのかということ、留学期間はどれくらいであるのかなど考慮したうえで、今後どうするか決めればよいと思います。

中国文化大学に入学される場合も、上記でまとめた課程やレベルを、しっかり選択することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国。月間11万回読まれるブログ『てくてく台湾』運営中。

コメント

コメントする

目次