台湾の麺料理といえばコレだ【15選】

taiwan-noodle.jpg

こんにちは。

てくてく台湾のSHIN(@tekuteku_taiwan)です。

・台湾には美味しい「麺」料理はある?
・オススメの麺は?
・どこのお店が美味しいの?

 こんな疑問に対して、台湾に4年住んでいた僕がまとめました。

この記事の内容
  • 台湾の「麺」料理まとめ
  • オススメのお店を紹介
目次

台湾の麺料理といえばコレだ【15選】

1.牛肉麺

牛肉麺

牛肉麺は台湾を代表する麺料理です。

牛肉麺といえど種類が豊富で、清燉牛肉麺(胡椒ベース)、紅焼牛肉麺(醤油ベース)、清湯牛肉麺(薄味)、川味牛肉麺(四川風)があります。

分厚い牛肉と弾力のある麺は食べ応え抜群で、牛肉麺を食べずして「台湾麺」を語ることはできません。

2.涼麺

台北・新北で食べれる涼麺のお店【3選】

中華麺に胡麻ダレとキュウリをかけて食べます。

調味料としてラー油やワサビがあるので、自分の好みの味に調節も可能です。

胡麻ダレにニンニクが含まれているお店も多く、暑い夏など夏バテしそうな時にはピッタリ。

涼麺店には必ずお味噌汁がメニューにあるので、セットで食べるのがオススメです。

オススメのお店→台北・新北で食べれる涼麺のお店【3選】

3.麺線

麺線

鰹が効いた出汁に、そうめんのような細い麺が入った料理です。

スープはとろみがあり、具材はモツが入っておりパクチーを上にかけて頂きます。

日本人が食べ慣れている鰹出汁なので、とっても食べやすく、どこか懐かしい味わいです。

阿宗麺線

阿宗麺線

台北市西門にあるお店です。

日本のガイドブックに必ず紹介されているお店で、メニューは麺線のみで値段は70元(大)55元(小)で食べれます。

台湾人だけでなく日本人のファンも多いお店なので、麺線を食べるなら必ず訪れたいお店です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「てくてく台湾」の運営者SHINです。
大学卒業→日本企業に就職→9ヶ月で退職→台湾留学→マッサージ習得→現地のマッサージ店に勤務→日本に帰国

コメント

コメントする

目次
閉じる